忍者ブログ

あさくら行く!!asakulike情報局

あさくら=0946地域の情報を網羅した情報発信ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

官兵衛さんぽ〜黒田サミットin中津〜

今回の散歩は、大分県中津市にやってきました。なぜこのブログでいきなり中津に飛ぶかというと、黒田サミットが開催されるという情報を耳にし早速参加したのです。
中津と言えば、中津城。当初、九州入りした官兵衛が最初に入ったのは馬ヶ岳城(行橋市)でしたが、山城で城下町をつくることができず、中津城を作ったのでした。
 
中津は、豊前国のほぼ中央に位置し、周防灘に流れ込む高瀬川(現中津川)に面しており、川を自然の堀として使えるうえ、水陸交通の要所だったとの理由からです。
中津城下町、歴史散策道を歩いてみました。城下町にはそれぞれ町名が付けられ、その中の寺町沿いに散策道が整備されています。寺町にはその名のとおりお寺が多い地区で、静かな佇まいをみせています。

その中でも最初に目を引くのは、赤い壁のお寺です。これが「合元寺(通称:赤壁寺)」です。官兵衛が豊前に入国した際に最後まで抵抗した宇都宮鎮房を討ち、このお寺で待機していた重臣たちを殺しました。その時の血が何度塗り替えても染み出てくることから、遂に壁を赤色に塗るようになったと言われているそうです。
次は、円応寺です。官兵衛による開基で、真誉上人の開山。黒田氏が福岡に移った後も細川氏など歴代藩主に大切にされたお寺だそうです。その次は・・・というように本当に通りに面して、お寺が多い通りですね。
西蓮寺の開基光心師は俗名を「黒田市右衛門」といい、黒田官兵衛の末の弟です。父職隆の逝去に伴い出家したといわれ、官兵衛をしたい中津に移り、天正16年(1588)に当寺を開山したそうです。
この通りを、しばらく行くと福沢諭吉旧邸がありました。福沢諭吉といえば一万円札。記念館にはその足跡をしめす様々な資料がありました。
その後は、一路、今回の目的地でもあるサミット会場(中津文化会館)を目指します。会場につくと、沢山の人・人・人。ゆかりの地それぞれ幟を立てPRを行っています。すでに沢山の商品(お土産)がありますね。もちろんパンフレットコーナーも。ドラマを観光へ活かすことの意気込みが感じられますね。
サミットには、中津市長、長浜市長、瀬戸内市長、姫路市長、福岡市長がそれぞれ列席し、パネルディスカッションが開催され和やかな雰囲気でした。本日の目玉は、大河ドラマの中村プロデューサーと女優の黒木瞳さんとのトークショーでした。撮影は順調で、撮影での裏話などいろいろと話していただきました。

いよいよ、今年も残り僅か。ということは、大河ドラマの放送が刻一刻と近づいているということですよね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

あさくら行く!!asakulike情報局

あさくらの生の情報をお伝えするブログです! 情報検索にもお役立てください!!

HN:
あさくライク君